無料簡単登録 在日韓国人のお見合いNo.1 <業界最大手・ノッツェ加盟店>

ご相談はこちらまで
トップ > ニュース

お見合いの常識 <3> 最初にまず、お礼を述べましょう!

[2015年10月12日]
お見合いの常識 <3> 最初にまず、お礼を述べましょう!
 
お見合いをセッティングする際
日時と場所を決めていきます。
 
なるべく
 
双方の休日にして
 
なるべく
 
双方の自宅の中間地点くらいで
調整をしていきます。
 
例えば
 
男性側(東京)が女性(横浜)に配慮して
横浜方面で設定した場合は
 
女性が
「わざわざお越しいただきまして有難う御座います」
「お時間はどれくらいかかりましたか?」
など、最初に一言、軽くお礼を述べましょう!
 
たったその一言で
お相手は、胸がスッとするものです。
 
女性会員様から
「どんなに遠くても、男が女に逢いに来るのは当たり前だ!」と
はっきり言われたことが2回ありますが
そんな態度はNGです。
 
このような会員様は、自分からお見合い申し込みをして
こんなセリフを吐くのです。
 
ちなみに
お見合いは、
 
日時・場所の設定の段階から始まっています。
 
あからさまに
「そっちがこっちに来い」というようなメッセージが
でてしまってはNGです。
 
人には感情があります。
 
お見合いは
気持ちよくスタートしてナンボのものです。
 
日程調整の段階では
 
お相手の仕事の状況などに合わせて
休日や平日のお仕事帰りなどに時間を合わせたり
 
中間の場所あたりでお伺いをしてみたりと
 
お相手に気をつかえば
それなりの態度がかえってくるものです。
 
常に
自分の利益を優先する方に限って
いいご縁が遠い気がします。
 
お逢いしたければ
男でも女でも
まず、自分から逢いに行くぐらいの
気持ちをもちましょう。
 
女性がわざわざ遠方から逢いにいけば
男性は通常、恐縮するものです。
 
そうすると
少し有利な立場でお話ができるのです。

ご相談や、お相手検索は無料です、お気軽に連絡を!

 /////////////////////////////////////////////////////////////
婚活工房 代表 広瀬 哲三
業界最大手 NOZZE加盟店 結婚相談所
電話:03-3699-1522(行こう!夫婦)
http://k-kobo.biz/